風力発電イ ンデックスは、代表的な気圧配置時における、24時間の取得風力発電量(地上高 70m)の目安を表したもので す。
 数値は2MW風車を仮定したときの24時間設備利用率(%)になります
 風速の予測値はLAWEPS-1次領域モデル(10kmメッシュ)をもとに 1kmメッシュに内挿しています
  詳しくはこちらをご覧下さい



2006 年9月17日9 時の地上天気図 2006 年9月18日9 時の地上天気図
計 算日:
2006年9月17日9時
   〜9月18日8時


概 況
台 風13号は18時過ぎに長崎県佐世保市付近に上陸(今年2個目)。台風の中心付近では猛烈な風が吹き、最大瞬間風速は、福岡45.9m/s。佐賀50. 3m/s。宮崎県延岡市で、特急電車が突風で横転。当時、延岡付近には台風を取り巻く発達した雷雲がかかり、大気の状態が非常に不安定になっていた。
台 風13号が山陰沖の日本海を北東進。中国地方や北陸は、所々で最大瞬間風速30メートル前後を観測した。東海・関東・東北の太平洋側は、台風に向かう湿っ た空気が流れ込み、所々で激しい雨が降った。日本海側はフェーン現象で季節外れの暑さ。とくに北陸では猛暑となった。     

*天気図および気象概況、インデックスマップ画像の著作権は(財)日本 気象協会に属します