風力発電イ ンデックスは、代表的な気圧配置時における、24時間の取得風力発電量(地上高 70m)の目安を表したもので す。
 数値は2MW風車を仮定したときの24時間設備利用率(%)になります
 風速の予測値はLAWEPS-1次領域モデル(10kmメッシュ)をもとに 1kmメッシュに内挿しています
  詳しくはこちらをご覧下さい



2006 年1月3日9 時の地上天気図 2006 年1月4日9 時の地上天気図
計 算日:
2006年1月3日9時
   〜1月4日8時


概 況
上 空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まった。このため、北陸から北の日本海側では全般に雪で、最深積雪が3mを超えた所も有った。また東日本や北 日本では季節風が強まり室蘭で26.2m/s、金沢で25.9m/sの最大瞬間風速を観測した。
強 い冬型の気圧配置は次第に緩んだが、北陸から北の日本海側では山沿いを中心に雪が降り続いた。朝の冷え込みは平年並みの所が多かったが、最高気温は北日本 の一部と沖縄を除いて前日より2度〜5度低め。会津若松は氷点下1度9分、仙台1度5分、新潟2度5分で、この冬一番低かった。東京、大阪、福岡も7度前 後。

*天気図および気象概況、インデックスマップ画像の著作権は(財)日本 気象協会に属します